老人福祉センターブログへようこそ!
千代木園の記事 >>
>>千代木園の記事一覧

陶芸体験のお知らせ

by 千代木園

老人福祉センター千代木園の「陶芸体験」を募集します!

世界にひとつだけのオリジナルのカップ&ソーサーを作ってみませんか?


【日時】
平成29年2月3日(金)2月17日(金) 計2回

【場所】
尼崎市立老人福祉センター千代木園 前庭 陶芸工作室

【対象者】
尼崎市在住の60歳以上の方 先着10人

【受講料】
800円 ※別途粘土代が必要です。

【申込方法】
平成29年1月6日(金)から直接千代木園へお申込みください。

【問い合わせ先】
尼崎市立老人福祉センター千代木園
尼崎市稲葉荘2-24-5
☎06-6417-9162
開園時間/午前9時から午後5時30分まで
休園日/月曜日・祝日

※ご来園の場合は「老人福祉センター利用証」か、住所・年齢の確認がで きるもの(健康保険証等)をご持参下さい。

〜お申し込みお待ちしております〜


【千代木園より】〜ボランティアのとびら事業〜

by 千代木園

_8CX_92_AE_83_7B_83_89_93_FC_96_E5_8Du_8D_C0.png
老人福祉センター千代木園の
「傾聴ボランティア入門講座」を募集します!



【日時】
平成29年1月24日(火)〜2月21日(火)
午後1時30分〜午後3時 【全5回(実習1回含む)】

【場所】
尼崎市立老人福祉センター千代木園

【対象者】
尼崎市内在住おおむね60歳以上の方 先着10人

【受講料】
無料


【申込方法】
平成29年1月6日(金)から、直接、千代木園または電話でお申し込みください。
※定員になり次第締め切ります。


【問い合わせ先】
尼崎市立老人福祉センター千代木園
尼崎市稲葉荘2−24−5

☎(06)6417−9162
開園時間/午前9時から午後5時30分まで
休 園 日/月曜日・祝日


※ご来園の場合は「老人福祉センター利用証」か、住所・年齢の確認ができるもの
(健康保険証等)をご持参ください。


〜 ボランティアに興味のある方のお申し込み!お待ちしております 〜

↓ 詳細は下の『添付ファイル』を左クリックしてご覧ください。
添付ファイル 添付ファイル


【千代木園より】 平成28年度 各種教室受講生募集のお知らせ!

by 千代木園

_92n_90_7D_81_5E_90_E7_91_E3_96_D8_89_80.jpg
老人福祉センター千代木園の
教室受講生を募集します!


お申し込みは、
4月1日(金)から9日(土)までに、電話または直接
千代木園へ


【問い合わせ先】
尼崎市立老人福祉センター千代木園
尼崎市稲葉荘2−24−5

☎(06)6417−9162
開園時間/午前9時から午後5時30分まで
休 園 日/月曜日・祝日


※ご来園の場合は「老人福祉センター利用証」か、住所・年齢の確認ができるもの
(健康保険証等)をご持参ください。


〜 たくさんのお申し込み!お待ちしております 〜

↓ 教室一覧は下の『添付ファイル』をクリックしてご覧ください。
添付ファイル 添付ファイル


〜春からの教室受講者募集のお知らせ〜

by 千代木園

各老人福祉センター(総合老人福祉センター・鶴の巣園・千代木園・福喜園・和楽園)では、平成25年度4月からの教室の受講者を募集します。

 申込期間は4月1日(月)〜8日(月)です。
ただし、千代木園のみ4月2日(火)〜9日(火)です。

定員を超えた場合は抽選となります。

 電話での申込みまたは住所・年齢の確認ができるもの(健康保険証等)をご持参のうえ、各老人福祉センターへお申込みください。

詳細は添付ファイルをご覧ください。

〜お気軽に電話してください〜

みなさまの受講申込みをお待ちしています♪♪
添付ファイル 添付ファイル


 【千代木園より】〜合同発表会〜

by 千代木園

20130301_1.jpg
20130301_2.jpg
20130301_3.jpg
20130301_4.jpg
 千代木園の教養講座(たのしいウクレレ・気軽にコーラス・オカリナ入門)に参加されている皆さんの1年間の成果発表の場として
3月1日(金)午前10時から合同発表会を行ないました。

 今年度は、ゲストに大島幼稚園の保護者会のメンバーで結成された大島幼稚園「音楽部」の皆さんと年長組の園児30名をお招きして、大盛り上がりで楽しい発表会となりました。


 「お友達が出演するから・・・」
 「ウクレレの演奏が聴きたくて・・・」
など理由は様々ですが、今年度はご観覧される方も大変多く、126名のご参加をいただきました。ありがとうございました。


 園児たち・保護者の皆さん・千代木園の受講生と世代の違う「音楽を通じた仲間」として、互いに音を楽しむ交流ができたことに微笑ましく思いました。



>>







RSS

Ringworld
RingBlog v3.20h