尼崎市社会福祉協議会の各部署での行事案内や活動報告を掲載しています。







RSS

Ringworld
RingBlog v3.25

<<   >>

杭瀬小学校でサマーボランティアスクール!

by 小田支部

1_89_C1_8DH_81_40IMG_0830.jpg
2_89_C1_8DH_81_40IMG_0820.jpg
3_89_C1_8DH_81_40DSC_0235.jpg
4_89_C1_8DH_81_40IMG_0917.jpg
5_89_C1_8DH_81_40IMG_0918.jpg
サマーボランティアスクールを開催!

8月2日と8日の2日間、スポーツ21杭瀬が主催している杭瀬小学校での図書室開放の時間帯に、子ども達に障がいの理解を深めてもらう福祉学習「サマーボランティアスクール」を開催しました。

1日目は、車いす体験。
社協職員が車いすの特性や乗り方、介助の説明をした後、いざ車いす体験。
子どもだけでなく、一緒にいたお母さんにも体験していただきました。「声掛けなしに車いすを押されると怖かった。また小さな段差の上り下りでも苦労した。」など、車いすに乗ってみて初めて分かったことが多かったようでした。

2日目は、点字体験。
視覚障がい者のボランティア亀山 直美さんにご協力頂き、点字板の使い方や注意点の説明の後、子ども達もいざチャレンジ!
はじめは不慣れに点字板で文字を打っていましたが、徐々に打つスピードもアップ。打ち慣れてきた頃に「め」の文字だけを30秒間打ち続けて競い合う「め打ち大会」を急きょ開催。子どもの最高記録は、10文字でした。ちなみに亀山さんは30文字でした!この「め」打ちは、リズムカルにきれいに打つ練習になるそうです。
また、亀山さんが落とした硬貨を音だけで当てる特技を披露し、子ども達も驚いていました。

今回の福祉学習が、少しでも地域の「ふだんのくらしのしあわせ」を考えになるきっかけになれば良いなぁと職員一同、そんな想いの2日間でした。



<< >>